社員紹介(映像制作事業部 制作課 CGプロデューサー 戸倉良太)│小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント

映像制作事業部制作課
CGプロデューサー
戸倉良太

10:00 メールチェック
10:00までに出社してメールのチェックを行います。
作品の進行状況に問題は起きていないか確認し、業務の優先順位を決めます。
11:00 定例
デュエルマスターズのCGアニメーションやモデリングなど各セクションでの状況確認を行います。
場合によって仕事の分担を変更したり、スケジュールの調整を行います。
12:00 資料作成
アニメ本編で使用するコンテをアニメーターに配布したり、新規に発注を行うクリーチャーのイラストの整理を行います。
またCMの構成を作成し、予算の調整も行います。
13:00 昼食
外で食べる場合もあれば弁当を持参する場合もあります。
14:00 CG打ち合わせ
社内のディレクターと演出・本編のCG打ち合わせを行います。
コンテに沿って3Dパートの確認も行います。
16:00 企画打ち合わせ
二か月先に放送するデュエルマスターズCMの企画会議を行います。
アニメにするか実写にするか、その商品に合った構成をクライアントと一緒に考えます。
20:00 退社
今日行った業務に漏れや誤りがないかを確認し、明日の仕事のToDoを作成します。
最後にメールチェックを忘れずに行い退社します。お疲れ様でした!

あなたの担当している仕事を教えてください。

TVアニメ「デュエル・マスターズ」のCGプロデューサーと、「デュエル・マスターズ」のCMの制作進行をしています。アニメ本編では社内の3Dチームと演出・監督を繋ぎ、いかにスケジュールに沿って作品を作り上げるかを調整しつつ、面白いアニメを作る為に自分達で何が出来るのかを探りながら常に新しい事に挑戦しています。CMでは実写・作画・3Dと様々な手法がある中で、クライアントと随時相談しながら、その商品を一番魅力的に視聴者に伝える方法・演出を探っています。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

作品ごとにチームが組まれてはいますが、仕事上の関係があるなしに関わらず、様々な人との交流があります。仕事の時は引き締まった空気の中で集中して業務に取り組みますが、仕事から一歩離れると、趣味や好みが合う者同士で集まったりする事も多く、気兼ねない交流が出来る雰囲気です。何気ない雑談の中から、他チームが行っている仕事の取り組み方を学ぶことができたり、時には新しい企画のアイデアが生まれる場合もありますよ!

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

やった事はないけれど、とりあえず挑戦してみよう!ということが、個人個人で行えるということに大きな魅力を感じています。デュエル・マスターズという長い間行われているコンテンツの中でも、これまでと同じルーチン作業を行うだけでなく、何か新しいことを取り入れてみようという意見があれば、チーム全体がそれに向かって挑戦してくれる頼もしい会社だと思います。それは必ずしも成功するわけではありませんが、改善点を見つけ出してやりたいことが成功した経験は、何事にも代え難い財産になります。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

デュエル・マスターズのCMの取材で、実際にカードゲームで遊んでいる子供たちと交流する機会がありました。その熱気は社内でアニメを作っているだけでは絶対に感じ取れない空気であり、自分が関わっている作品の影響力を肌で感じることが出来ました。その子供たちがアニメに何を求めているか、何を面白いと感じているかを理解し、どのように映像に落とし込むかが究極の課題だと思います。

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

プロデューサーとしては駆け出しであり、まだまだ知識も経験値も足りていないことを毎日のように実感しています。また、自分が今取り組んでいる業務が本当に最善なのかと悩むこともあります。そういった不安を一つ一つ丁寧に解消していき、目の前の課題をクリアしていくことで、チーム全体、そしてデュエル・マスターズというコンテンツ自体のクオリティを上げていく――。そういった意識を何年先も忘れずに業務に取り組み、胸を張ってプロデューサーと名乗れるようになりたいです。

  • デュエル・マスターズビクトリーV
  • デュエル・マスターズビクトリーV3
  • デュエル・マスターズVS
  • デュエル・マスターズTVCM
社員インタビュー一覧に戻る次の社員インタビューをみる

ページトップへ