社員紹介

プロデュース1課 ディレクター
高橋 由美子

9:30 出社&メールチェック
席に着き、まずはメールをチェックし、緊急の仕事が入ってないか確認。
メールの返信をしたり、本日の業務を確認します。
11:00 社内メンバーとのミーティング
担当サイトの改修についてクライアントの意向をデザイナーに伝えて実際の作業内容を話し合います。
13:30 お昼休み
同僚とお昼。会社周辺は安くて美味しいお店がいっぱいです。
15:00 クライアントとのミーティング
新規サイトの立上げについて、クライアントとミーティング
相手の意向を聞きつつ、目的を達成し、より効果的なサイトになるように提案し ます。
16:00 資料作成
本日のクライアントミーティングをうけての資料作成。社内のメンバーにヒアリングをすることも。
18:00 退社
明日の予定とやり残した仕事がないかを確認後、急いで帰宅。保育園に子どもを迎えに行ってからは母業スタートです。お疲れ様でした!

あなたの担当している仕事を教えてください。

クライアントから依頼を受けたWebサイトの新規立ち上げ、リニューアル、サイトの運用を行っております。私が担当している案件で特に多いのは教育サービスに関するサイトで、クライアントの要望をヒアリングした後、商品PRの方法を検討し、最適なページをご提案いたします。提案がとおった後、社内のデザイナーさんに今回の制作主旨やイメージ等の内容を伝え、制作進行をしていきます。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

チーム全体に助け合いの精神が行き届いていると思います。誰かが忙しかったり、行き詰っていると他のメンバーがすすんでフォローしてあげたり、教え合っているところが一緒に仕事をしていて気持ちが良いです。また、「良いモノを作り出そう」という気持ちを全員が持っていて、上下関係なしに、意見を出し合えるところが、プロの意識を感じられるところだと思います。

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

実際に自分の制作したページが世に出て反響が返ってくるところです。自分が手がけたサイトによって入会者が増加したり、より多くの人に見てもらっているのがわかると「作ってよかった!」と感じることができます。また、デザイナーさんとの打ち合わせで、より良い案が出てどんどん良いサイトになっていく時も、チーム内で良い化学反応が起こっている実感がわきます。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

94巻もある漫画作品でその主人公の年表をかなり短期間で作ることに。土日かけて94巻全て読んだことが印象深いです。編集部から持ち出し禁止の漫画は編集部で座り込み。あんなに、マジメ!?に漫画を読んだことは初めてです。時に仕事にはみえないような仕事もあります。しかし、今回の件で漫画を読むことはサイトを作る際に必要なこと。より良いサイトを作るための"作品理解"。これってかなり大事なんです!!

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

現在、メディアは日々技術的進化を遂げていますが、出版業界は伸び悩みという現実に直面しています。私は書籍や雑誌も大好きです。情報発信という意味では同じである媒体が共存・相乗効果をあげることができる方法を見つけること。なかなか難しくてとても大きなことです。だから、様々なことにチャレンジして、自分の成長とともにいつか見つけたいと思っています。

  • 小学館アカデミー公式サイト
  • ドラキッズ公式サイト
  • ミキハウス キッズパル公式サイト
  • 小学館集英社プロダクション 公式サイト
  • 埼玉県青少年総合野外活動センター
  • 他…
社員インタビュー一覧に戻る次の社員インタビューをみる

ページトップへ