社員紹介(映像制作事業部 3課 片山公美子)│小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント

映像制作事業部3課
CGデザイナー
山北 麻由子

10:00 出社
メールの確認、昨日の帰りに作成したムービーのチェックをします。今日の作業量目標を立てて作業開始です。
10:30 アニメーション作業
絵コンテを見ながらキャラクターに動きを付けます。
11:00 定例
週に1度、課の定例があり、話数の進行状況を確認します。必要な素材について取り寄せをお願いします。
13:00 昼食
自分の作業の切りが良いところでランチタイムです。 神保町は学生・オフィス街なので食べるところは沢山あります。 最近行って良かったお店は680円の焼肉ランチです。
16:00 ムービーチェック
制作したムービーの中間チェックをディレクターにしてもらいます。 そこで出たリテイクを修正してきます。
19:30 アニメーション作業
夕ご飯を食べたらまた作業です。
今日の目標を達成したら帰宅します。

あなたの担当している仕事を教えてください。

デュエル・マスターズのCGアニメーターです。 クリーチャーに動きをつけたり、サンプル画像を制作したりしています。絵コンテを見ながらCG打ち合せをし、演出さんの意図を確認します。 動きが付いたら背景と合わせてムービーを作成し、ディレクターと演出さんにチェックして貰います。そこで出たリテイクを修正します。作画レイアウトが上がってきたらクリーチャーと自然に合うように調節します。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

アニメーションを作っている人達はみなさん温和な方々です。 ウォーターサーバー付近で仲の良い方同士、談笑している姿もよく見かけますよ。チームの雰囲気は真剣そのものですが、突然ワイワイしたりします。

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

自分で作った映像が放送され、観た人から反応が返ってくる事です。良い反応も悪い反応も糧となりやる気に繋がります。また、モデラーさんが制作してくれたカッコいいモデルに命を宿らせ、好きな様に動かせることも魅力です。 出来なかったことも少しづつやっていけば出来るようになり、終わりそうにない仕事も毎日積み重ねていればちゃんと完成するところです。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

入社して初めて携わった作品が最終回を迎えた時は、もうその主人公に会えないのだなあと寂しくなりました。絵コンテのムービーにCGが付き、声と音が乗り、完成するまでを日々見ていたので感慨深かったです。監督もとても良い方で初心者に色々教えて下さり大変お世話になりました。
また、初めて自ら絵コンテを描き、CGキャラクターに動きをつけ、1人で完結させるコーナーのアニメーションでは、他のディレクターと切磋琢磨し、楽しくもあり貴重な経験をしました。

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

誰が観ても魅力のあるアニメーションを作れるようになる。自分しか出来ない表現を探り、極めていければいいなと思います。

  • 爆TECH!爆丸
  • デュエル・マスターズ
  • コトリサンバ
  • 団地ともお   ・・・等
社員インタビュー一覧に戻る次の社員インタビューをみる

ページトップへ