社員紹介(映像制作事業部 2課 片山公美子)│小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント

映像制作事業部2課
CGデザイナー
片山 公美子

10:00 出社
出社してきたらまずホワイトボードを確認し、席へ。
11:00 メールチェック・予定確認
メールをチェックをし、今日やることをノートに書き出す。
10:20 モデリング・アニメーション作業
作業表を作って、仕事がどれくらいまで進んでいるか明確にしておく。
13:00 定例(金曜のみ)
進捗状況や、疑問点などを報告。時間が余ったら動画鑑賞会。
14:00 お昼休憩
チームのみんなで食べに行ったり、買ってきて会社内で食べたり。
15:00 モデリング・アニメーション作業
仕事の続き。18時をまわったら、仕事のきりが良いところで帰宅。

あなたの担当している仕事を教えてください。

主に3DCGでのモデリングやアニメーションをしています。
モデリングはキャラの洋服・表情から家や小物など、必要に応じて色々なものを作ります。
アニメーションは絵コンテに合わせて動きをつけるところからエフェクトを乗せるところまで、担当している部分のものは全てやっています。
その他にも2Dのイラストを描いたり、デザイン案を出したり、データ整理をしたり…色々やっています。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

仕事をしている時はとても真剣に取り組んでいますが、基本的には明るくて居心地の良い雰囲気だと思います。
スイッチのONとOFFがハッキリしている印象ですね。
私のいるチームは女性が多いので、話もしやすくとても楽しいです。
趣味が合う人が多いので飲み会の席などではとても盛り上がていますよ!
仕事も決して無理をしないように配分してくださるのでとても助かっています。

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

作った作品がテレビで流れると、知人から「この前見たよ!」と反応が返ってくることにやりがいを感じます。初めの頃は少し恥ずかしかったですけどね(笑)
あと、初めて自分の名前が番組のテロップで出た時はとても嬉しかったですね。
仕事中では納得のいく作品作りができたり、一から物を作っていけるところが良いですね。元々ものを作るのが好きなので、何もない状態から何かが出来上がるというのはとても嬉しいと同時に、やりがいを感じます。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

初めはモデリングもアニメーションも全然出来なかった私ですが、初めてキャラクターモデリングを一からやらせていただいたことがとても印象に残っています。
何度も何度も修正を重ねましたが、やっと完成したときは本当に嬉しかったです。
そしてそれがテレビで流れているのをみて、「私も社会人になったんだなぁ」と思いました。ものすごく今更でしたが(笑)
あとは初めてアフレコを目の前で見れた時はとても感動しました。とても良い体験でした。

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

これから何を重点的に仕事をしていきたいか、どんなポジションを目指すかなど明確な目標を持ち、現状に満足しないように更なるスキルアップを目指していきたいです。
そしてより多くの人に作品を見てもらえるように、作品を見て楽しんでもらえるように様々なジャンルのことを学び、今後の仕事に役立てていきたいと思います。
いつまでもこの仕事にやりがいを感じ、楽しいと思えるように頑張っていきたいと考えています。

  • ペンギンの問題MAX
  • 劇場版ペンギンの問題 幸せの青い鳥でごペンなさい
  • 劇場版MAJORメジャー 友情の一球
社員インタビュー一覧に戻る次の社員インタビューをみる

ページトップへ