社員紹介(クロスメディア事業部 デザイン課 上原貴博)│小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント

デザイン課 システムエンジニア
上原貴博

10:00 出社&メールチェック
朝、出社してメールを確認します。緊急性の高いものやお問い合わせ、サーバーからのアラートメールが出ていないかどうか内容を確認します。
10:30 朝会
毎朝10:30に朝会を行っています。そこで連絡事項とスケジュールの報告を行います。
11:00 Webアプリケーション開発
スケジュール通りWebアプリケーションの開発を行います。使用する言語はPHPで行っています。
14:30 休憩
お昼休みです。開発作業に集中しているとこのくらいの時間になっていることがしばしばあります。近くに大学や企業が集まっているのでお昼時はどこも混み合いますが、この時間だと落ち着いてきます。
15:30 Webサイトの更新
現在提供しているWebサービスの更新作業を行います。お客様から確認が取れてサイト更新の連絡をディレクターから受け、更新作業開始します。
16:30 Webアプリケーション開発
午前中行っていた作業の続きを行います。スケジュールを見つつ切りの良いところまで作成します。うまく処理が描けない場合は一旦打ち切り帰宅することもあります。その場合は翌日早めに出社して仕事をおこないます。
20:00 帰宅
帰宅前にメールをチェック、翌日行う仕事の確認をし、帰宅します。

あなたの担当している仕事を教えてください。

Webサービスの開発を主に行っています。具体的には問い合わせフォームの作成や動的に動かしたいWebページのバックエンド側の処理の実装などを行っています。これといった特定のコンテンツを担当するのではなく、システムが絡む案件を担当しています。

会社やチームの雰囲気は、どのような感じですか。

細かい上下関係や壁はなく、みんなが自由に意見を言える環境だと思います。これはダメ、あれはダメといった決めつけがなく、問題解決にはどうすればいいのか、こういったサービスは面白いんじゃないか、といった提案や話し合いが自由にできる風通しの良い現場だと思います。会議室で打ち合わせをするのではなく、机の周りにみんなが集まって意見を言い合うなんてことも結構あります。

仕事のどのようなところにやりがいを感じますか。

みんなで協力してコンテンツを作成しリリースしたときや、それを使用しているお客様の反応を見ることです。自分たちが作ったサービスをたくさんの人が使用していただいているという事実が自分自身への励みや、「もっといいものをつくりたい」といった活力になっています。

入社してからの思い出深いエピソードを教えてください。

ポケモン映画のスタッフロールに自分の名前が出た時は感動しました。僕が子供の時からテレビ放送していた作品に携われるとは想像できなかったのでうれしかったです。大人気コンテンツの制作に関わっていることを実感する出来事でした。

今後、自分をどのように成長させていきたいですか。

この質問が一番悩みました。例えば、経験を積んで、効率よく開発ができるようになったとしても、僕は成長したとは思いません。これは「会社」という「環境」が与えてくれたものですので。そういった意味だと環境が与えてくれるものだけでなく、自分自身で行動して何かを得られるような人間になれたら成長できたかなと実感できると思いますので、それを目標にしていきたいです。

  • ポケモン映画公式サイト
  • ドラゼミ
  • ドラキッズ
  • 小学館アカデミー
  • おはスタ
  • 他…
社員インタビュー一覧に戻る

ページトップへ